FLC農業事業



FLCグループのFAMは以下のように、事業を展開しております。

農産物の栽培、加工、輸出において、ベトナム最大の企業になるべく目標を設定し、事業を展開しています。
 
FLC農業のミッションはベトナムの農業の集中的なモデル、緑色の栽培、生態系バランス、環境保護といった要素の元、農業事業を開発して、リーディングカンパニーを目指します。
 
FLCグループは、Tuyen Quang, Yen Bai, Lang Son, Phu Tho, Hai Phong, Quang Nam, Quang Ngai, Khanh Hoa, Long An, Bac Lieuといったベトナム各地, カンボジア等のエコファーム投資を実施している。

FLCグループは輸出を強化するため、2019年に輸出基準を満たす農産物の大規模な加工工場を設立する予定です。

その他: 農産物の加工・輸出
 
全国にわたる15000ヘクタールの農地から栽培・加工されるマンゴー、ドラゴンフルーツ、グレープフルーツ、オレンジ、ミカン、スイカ等といった多種類の果物、野菜を国内に出荷したうえで、アメリカ、日本、中国等といった国際市場にも輸出することを目標としています。
 
特徴としては、最先端の農業技術を適応し、IoTも実現します。そうすることにより、大規模栽培でも、統一した品質を正確にコントロールすることができます。さらに、国際基準であるVietGAp,GLABAL G.A.P, オーガニック、HACCP をすべて厳守することができます。