クレディ・スイス(Credit Suisse)はFLCグループに200億円を融資。




クレディ・スイスAG(シンガポール支店)は、2018年07月06日、与信協定に基づきFLCグループに対し、200億円、4.6兆ベトナムドン相当の金額を長期優先担保付で融資しました。
FLCグループによると、このファシリティは、一部の子会社の株式により担保され、運用資本を補充するため、2.5-3年の期間内、使用される予定である。融資された資金は、プロジェクトおよび新規事業活動の実施および拡大に使用されます。FLCグループの資金運用は、クレディ・スイスAGおよび他の国際金融機関により、有望な開発見通し等との点から高い評価と信用を得ています。

最近の数ヶ月間、FLCグループはQuy Nhon(Binh Dinh省)、Samson(Thanh Hoa省)、Ha Long(Quang Ninh省)、およびQuang Binhの4つのプロジェクトでわずか2ヶ月間に2,000の新製品を完売しましたことから、FLCグループが提供するリゾートサービスのピークシーズン内で最高記録を達成しました。

FLCグループは、ベトナム最大手不動産販売代理店、数千の証券会社のネットワークによって、効果的な販売チャンネルを所有していいます。バンブーエアウェイズ(Bamboo Airways)の設立もFLCグループのさらなる前進に大きく貢献するでしょう。FLCグループがバンブーエアウェイズ(Bamboo Airways)航空の設立の長期的な目標は、ベトナムにおける航空需要の拡大を背景として、FLCグループが開拓したリゾート地をはじめとする自社の開拓した施設の運営を一層効率的に向上させることにあります。

尚、クレディ・スイスは2001年からベトナムで事業を開始しており、ベトナム最大の調達及び融資の外資機関のひとつとなっており、すでにベトナム政府をはじめ、地方の民営企業、及びベトナムの外資系企業に対して約70億米ドル(7000憶円)の資金の実績があります。
このように、クレディ・スイスは、ベトナムにおいて、現地企業の融資、M&A取引等で、米ドル建ての株式および社債発行を手配する等、市場ナンバーワンの外資融資銀行として認められています。
もっとも、クレディ・スイスは、堅実な財務現状にあるかつ健全な成長見通しを持つ大企業のみを対象にしています。

クレディ・スイスは、ベトナムを始め、他のアジア太平洋国に資本と資源を集中させるというグローバル戦略の中で、2018年に利益を2倍にすることを目指していますが、この目標の達成により、市場最強の金融機関として評価されるでしょう。クレディ・スイスは、由来の有望な分野である航空、インフラ、通信などいくつかの分野で、引き続き、大手外国投資家のベトナム投資の誘致活動を行うでしょう。FLCグループは、VPBank、Vietcombank、FE Creditなどに次いで、ベトナムのクレディ・スイスの最新パートナーとなります。
クレディ・スイスは、FLCグループと融資契約を締結するにあたり、FLCグループの財務能力を慎重に分析し、財務専門家による徹底的な調査も実施しました。 FLCグループは、効果的なビジネスモデル、財務の透明性、安全な資本構造、効率的な事業活動等により、信頼性のある確実な財務能力を持つことが証明されました。

また、クレディ・スイスは、ベトナムのリゾート不動産市場での確固たる地位を維持するために、不動産投資や開発に焦点を当てたFLCグループの戦略、航空、ハイテク農業などでの新規事業の拡大戦略を高く評価しています。


#クレディ・スイスはスイスで1856年に設立され、投資・金融業務、プライベートバンキング業務および資産管理・運用業務等の様々金融サービスを提供しています。世界最強の投資銀行のひとつであり、クレディ・スイスは、政府の支援なしに金融危機を乗り越え、安定している金融機関であることを実証しています。